社内でセフレを探して大丈夫?心得ておきたいメリットとデメリット

セフレとの出会いの場は数あれど、社内もセフレを作りやすい環境です。
先輩社員から新人まで、幅広いセフレを作るチャンスが転がっています。
とは言え、社内ではやはりデメリットも多いです。
両側面から社内セフレを考えてみましょう。

社内でセフレを探すメリット

社内は出会いの機会も多く、一緒にいる時間も長いのでセフレを探しやすく、関係を持った後も便利です。

イベントがあるので関係を深めやすい

社内は仕事のプロジェクトや飲み会など、親しくなるチャンスは多くあります。
本命の彼女が社外にいたとしても、社内の女性と話すのは普通のこと。
彼女の目が届かず、言い訳も立ちやすいことをいことに、そこから気が付けばセフレにというチャンスは十分にあります。
社内のコミュニケーションさえ円滑にしておけば、誰にでもチャンスはあります。

都合を合わせやすい

社内であれば、勤務時間や休日も同じなのでセフレと都合が合わせやすいのがメリットとなります。
急に今日はセックスしたいなと思っても対応可能でもあります。
仕事帰りにサクッと楽しむことができ、時間がかからないのが良いところです。

社内でセフレを探すデメリット

社内は他人に目も多いですし、人間関係が複雑なので慎重に行わないと痛い目に合う恐れもあります。

噂になる可能性がある

どこにでも詮索好きはいるものです。
特に会社はストレスのはけ口としてうわさ話が広がりやすい環境にあるので、万が一誰かに知られると一気に噂は広まってしまいます。
気軽に他の人に自慢話でもしてしまえば、もう宣伝してしまったようなものでしょう。

関係がこじれると影響が大きい

お互いに割り切った関係が築けている間は良いですが、関係がこじれると社内での自分の立場が危うくなるリスクがあります。
対応を間違えると相手の方からどんどん噂を発進され、場合によっては今後の出世に影響したり異動させられることも。
セフレは一般的には歓迎されない関係だけに、こじれると味方がいなくなる恐れがあります。

相手は慎重に選ぶこと

社内でセフレを探すのはメリットも多いですが、相手は慎重に選ばないと大きなリスクにもなりかねません。
相手を見極める時間はあるので、焦らず慎重に関係を結んでいくように心がけましょう。

関連記事

NO IMAGE

不倫相手は慎重さを基準にして選びたい

NO IMAGE

服装のセンスがなくても恋愛はできる

NO IMAGE

セフレを満足させ続ける方法とは?

NO IMAGE

セフレ募集している女性が満足するようなセックスとは!?

NO IMAGE

モテない男子の特徴とは?

NO IMAGE

セフレを作るなら常時3人程度確保しよう