騙されると悲惨です

サクラの被害者って結構多いようです。
被害にあった男性会員は、みんな悲惨なことになっているようです。

セフレ募集アプリでは、サクラと呼ばれる偽者が女性会員に成りすまして男性会員からポイントを奪っていくのです。
手練手管で男性の心を刺激してとらえて放さないようにして、メール交換を出来るだけ長引かせるのです。

メールの回数が増えれば、それだけポイントが消費されて儲かるとい仕組みです。
サクラはそのサイトに雇われてポイントを奪っています。

被害者の中には金額にして数10万のお金を使った(使わされた)会員もいるようです。
永遠に出会えることのない相手のためにお金をつぎ込んでしまったようで。
そんな男性会員は、おそらく立ち直れないのではないでしょうか。

しかも、その相手のサクラが男だったりしたら、もはや廃人と化してしまうことでしょう。
そんな悲しい被害者たちが増えないようにといろいろなサイトでサクラ対策を取り扱っています。
情報を集めて撃退してもらいたいですね。
サクラの見分け方としてよく言われているのがあります。
そのいくつかを紹介します。

女性からのメールは怪しいということです。
出会い系は圧倒的に男性会員が多いので女性会員がメールを出して男性会員を物色する必要がないということです。

要するにまっていればいいはずの女性会員からメールが来るはずがないのです。
よって、女性から来たメールはサクラということになります。
また、いかにも男性好みのタイプの女性はサクラです。
傷心を装っている相手もサクラです。
男性はきづついた女性に弱いのです。

他にもいろいろとありますが、極めつけは決して会うことがないということです。
会うことを匂わせることはあっても実際に合うことはありません。
サクラの被害は後を絶ちません。

誰も頼れない以上自分で対抗するしかないのです。
今までの被害ににあった人たちの体験を調べて引っかからないようにしてください。
気をつけていれば被害は抑えられます。
今までの被害者の方の失敗を教訓として決して騙されないようにしましょう。